T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

  1. 黒は高級感を醸し出す色
 

黒は高級感を醸し出す色

2015/10/16

黒は、かなり古くから認識されていた色の一つです。

太陽が神と崇められていた古代において、その恩恵を充分に受け取ることのできる「明るい状態」を赤。

陽が落ちて夜になり、翌日、朝陽が昇るまでの「暗い状態」を黒、と表現しました。

 

黒の中身は、決して何もないのではなく「あるものが見えない状態」を指しています。

人の意識として捉えると、それは「あるけれど隠したいもの」ということになります。

 

もしも今のあなたにとって、黒が最も気になる色ならば、

自分自身を表現することがとても不安なのかもしれません。

 

自分の考えていることを否定された、

自分の行動を非難された、

自分の存在を歓迎してもらえなかった、

そんな経験がおありなのかもしれません。

 

その経験の繰り返しをおそれて、自分自身を闇の中に隠してしまおう

という意識をお持ちなのかもしれないですね。

 

この黒という色を積極的に「隠す」ことに使ってプロフェッショナルなイメージを創り上げることもできます。

どこかのお店のスタッフとして、そこにいるのなら「知識・経験は豊富でお客様から聞かれたらなんでも答えられるけど、求められもしないのに出しゃばったりしません」・・・・・という表現をするにはピッタリの色。

 

その、控えめでありながら、充実した内面を持っていることが「高級感」を出すのに役立つわけです。

 

玄人(くろうと)というのも、プロフェッショナルだということになりますね。

 

もし、ご自身のクローゼットを開けてみて、

黒いお洋服ばかりが並んでいるのだとしたら

「何故、黒を選ぶのだろう?」と考えてみてください。

 

やせて見えるから ⇒ なぜ、そう見せたいのかな?

カラダの線がごまかせるから ⇒ なぜ、ごまかしたいのかな?

季節が冬に向かうから ⇒ 寒くなると黒がいいと決めたのは誰なんだろう?

黒が好きだから ⇒ いつごろから好きになったんだろう?きっかけは?

黒が似合うから ⇒ 他に、もっと似合う色があるかも?

 

色をきっかけに、自分自身と向き合う・・・・・・・・・・・。

そのことで、暗闇の中に隠された自分自身の素敵な魅力を見つけ出すことが

できるかもしれませんよ。

 

自分で見つけたステキな魅力に自信を持って、高級感をただよわせたプロフェッショナルなご自分を「黒」で演出してみてください。

 

かっこいい!!