T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

 電話番号 075-746-7775

  1. メルマガ「虹いろのお話し」2017
 

メルマガ「虹いろのお話し」2017

2017/09/01
今日、9月1日は二百十日と言って、台風襲来の特異日です。
ほら、「風の又三郎」のおはなしもこの季節のものですね。
特異日というのは、その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態が現れる日ということで、これは、ほとんど100%の確率で台風がきますよーといってるようなもの。
実は私、今日は、孫たちと夏の最後のイベント「流しそうめん」を楽しむ予定なんです。
いつもは当たって当たり前くらいに思っている天気予報も、今日は外れてよかったー!!
これを読んでくださっているあなたは、いかがお過ごしでしょうか?

7月にも書きましたが、3年に渡って関わってきた「虹色和香としての活動」を今年7月31日をもって終了いたしました。
香司きたむらのりこさんとのコラボでしたが、方向性の違いから、今後は別々に色と香りの活動を進めていくことになりました。
「虹色和香」は消滅しましたが、今後は私も香りの学びを深め「彩り香」として、みなさまにお伝えしていこうと思っています。
よければ、イベント価格での体験もしていたけますので、是非お試しください。今月は9/27・28を予定しています。

さて、今月の色のおはなしはクリアです。
クリア=clear は、完全に、はっきりと、という意味があり、無色透明の混じりけのない美しさがあります。
そういったことから、クリアにはピュア・清らか・浄化といったキーワードが浮かびます。
また、逆にこれからどんな色にも染まることができるといった意味で、リセット・旅立ち・原点といったキーワードにもつながります。
神に仕える人が「白」を身に着けるのも、一点の曇りもない清らかな心の証なのでしょう。

もうひとつ、光の色はレッド・ブルー・グリーンを光の3原色といい、テレビやパソコンの画面もこれらの組み合わせで見ることができます。レッドとブルーを重ねるとマゼンタ、ブルーとグリーンを重ねるとシアン、そして、レッドとグリーンを重ねるとイエロー、といった具合に色料の3原色になります。
このマゼンタ・シアン・イエローを重ね合わせるとクリアになることを、TCの講座の中で見ていただいたことを覚えてくださっているでしょうか?
だから、クリアという色は「すべての色を内包した色」として、完全で完璧なのです。

そういったことから、自信・完璧主義・ストイック・・・そんなキーワードが出てきます。
「全てある」か「全てない」かのどちらか、中途半端は許せない All or Nothing の色がクリアなのです。

もし、クリアという色がとても気になることがあったなら、モヤモヤした心の中をスッキリさせたい、と願っているのかもしれません。今までのことに区切りをつけて、新たな出発の時期だと考えているのかもしれません。

私はこの8月クリアをテーマに、家の中の断捨離をしました。
断捨離は読んで字のごとく「入ってくる不要なものを断つ」「不要なものを捨てる」「モノへの執着から離れる」の意だということですが、今あるものを「必要か必要じゃないか?」で分けていくことは、客観的に自分自身を見ることができます。
あなたは、クリアをテーマにというとどんなことを思い浮かべられますか?
ただ、クリアのキーワード「完全完璧」を目指すとしんどくなってしまうかも?
気をつけてくださいね。


カラースクールT.A.A 
藤田たかえ でした