T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

 電話番号 075-746-7775

色と香りの彩り香(irodoricou)

 新しいことに挑戦したい方に

お香と色とのコラボで、あなたの未来を創ります

 ・お香を自分で創ってみたいと思っている方

・何か新しいことをやってみたいと探している方

・オリジナルなサロンメニューを取り入れたい方

 

  《お知らせ》

9月27日、28日 彩り香体験会を開催します

詳しくは こちらから ➡ 彩り香体験会

彩り香は、お香と色とのコラボです

彩り香……いろどりこうと呼んでください。

色を選んでいただくことで、今の自分を客観的に見ることができます。
今の現状、自分の夢・理想、何が必要で何を手放せばいいのか?

それらを踏まえて、こちらで用意した香りをブレンドしオリジナルなお香を創っていただきます。
同じ種類のお香を使っても、出来上がるものは全て違います。
お香を創る過程において、色を使ったセッションで出てきた思いを乗せるからです。

色とりどりな思いを乗せた、あなたオリジナルなブレンド香を、彩り香(イロドリコウ)と名付けました。

  1.  まずは、色を選んでいただきます。
  2.  そのカラーボトルの置かれた位置、選んだ色のメッセージをお伝えします。彩り香 ミニボトル
  3.  今の自分に一番必要なものは何かを見つけていきます。
  4.  その結果をふまえ、お香を確認していただきます。
  5.  ご自身の選んだお香をブレンドして、オリジナルな匂い袋を作っていただきます。
  6.  匂い袋の色を選ぶ前に、その色のご提案をさせていただきます。
  7.  出来上がったオリジナルな匂い袋をお持ち帰りください。

星のカラーセラピーはT.A.Aオリジナルです


「星を描いてください」
と言われたら、なんの不思議もなく描いてくださるでしょう。
その描き順や星の頂点に選んだ色のメッセージは、自分の無意識にある気持ちを表現します。
星のカラーセラピーはカラースクールT.A.Aオリジナルで、「星色セラピー」と名付けました。

一般社団法人 色彩心理カウンセリング協会で採用されている基本の9色を用いています。
色を使ったカウンセリングを通して、内側の自分と対話することができます。
彩り香は、この「星色セラピー」をお香と取り合わせて、気づきをカタチにしていきます。


なぜ、お香なのか?

 

それは、伝える私が日本に生まれ、日本に暮らし、日本で年齢を重ねてきたからです。

そして、私自身がお香が大好きだからです。

 

お香の香りが大好きという人と、好きじゃないという人とに分かれるのは、香りが記憶に結び付いているからです。

ご自身の記憶にない香りは、大人になってからでは中々受け入れられないものかもしれません。

私たちが、初めてのものを食べる時、まずは匂いから確かめますね。

食べてもいいのか、よくないのか、匂いの記憶をたどっている訳です。

 

お香京都で生まれ育った私にとっては、お香の香りは家の匂いであり、街の匂いであり、幼い頃の記憶と結びつきやすいものでした。

炊き立てのご飯を小さな器に入れてお仏壇に供えるのは、子ども頃のの私の役でした。

毎夕、線香に灯を灯すので、その香りの違いには敏感だったかもしれません。

 

お香の香りが好きじゃないという方の中には、ご自身の思い出したくないシーンに出てきたという方もおられるかもしれません。それは、感情的にも受け入れがたいものですね。

 

もしもこの世がモノトーンの世界だったなら、人は「感情」を持たなかったかもしれません。

色を見ることで「美しい」「楽しい」「恐ろしい」そういった感情が培われていったと言っても過言ではありません。

色と香りの関係は深いのです。




和の文化

 

人が認識できる色の数は1000万色とも言われています。

特に日本人は、微妙な色の違いを楽しむ文化を持っていました。

 

海外から入ってくるものを、自分たちの文化圏に取り入れ、そこから

また新たなものを生み出す日本人の能力は色から始まったのかもしれ

ません。

 

 香りの原木はインドやベトナムなど暖かい地方で採れました。

これががヨーロッパに伝わったものはアロマオイルとして定着し、

日本では原木を切って刻んだり、加工したりして使いました。

 

 日本人は、仏教伝来とともにやってきたお香を日常を楽しむものへと発展させ、また、

その知識を教養として「香道」という独自の文化を創り上げました。

 

私たちには、そのDNAが息づいています。

それは、誇りに思っていいところです。

 

けれど、あえて「香道」ではなく、色と香りの体験にこだわるのは、お香を色のようにもっと身近に取り入れていってほしいから。

目には見えない自分の感覚を信じることで、自身が描く未来像に自信を持ってほしいから。

ヒーリングカラーやアファメーションの言葉に加え、香りのチカラが色のチカラと合わさって、内からあふれ出てくる自分のチカラで前に進んでほしいから。

 

お客さまの声

 去る8月5日・6日に東京ビッグサイトで開催された癒しイベント、ナチュラルタウンに出店しました。

  連日、大勢のお客さまで賑わったこのイベントでも、多くの方に体験していただくことができました。

 

  「こんなの初めて!面白かった!」

  「色もお香も両方体験できて、とってもよかった。」

  「色彩心理の話が面白かった。」

  「創るのにお香を選ぶことも、その入れ物を選ぶことも、おまけに星の描き方にまで意味があるなんて?!?」

  「30分があっという間で、もっと色々聞きたかった。」

  「このお香を枕元に置いて、今日、話したことを潜在意識にインプットします!!」

  「体験するだけじゃなくて、持って帰れるのがうれしい」

  「お香ってもっと気取ったものかと思ってました。楽しかったです。」

  「色と香りというのが、繋がっているという意味が、よくわかりました。」

  「とにかく楽しかった。友だちと一緒にできて、いい思い出ができました。」    etc.