T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

 電話番号 075-746-7775

  1. もも色とさくら色
 

もも色とさくら色

2017/02/28
明後日、3月3日は桃の節句、おひなまつりですね。
花やさんでは、少し前から桃の花を見かける様になりました。
かわいいピンクの花を見ると、しあわせを感じて思わず笑みがこぼれます。

「好きな色は、なに色ですか?」とお尋ねすると、特に女性はピンクを選ばれる方がとても多いです。
ピンクはやさしい色。
可愛くて、やさしくて、幸福なイメージを持つ人が多いのかもしれません。

ピンクと一言でいっても、その色は数知れず・・・
私の思うピンクとあなたの思うピンクは、全く別の色を思い浮かべているかもしれませんね。

この6種類のピンクの中で、もも色はどれかわかりますか?                                  
この中には、ナデシコ色・珊瑚色・もも色・さくら色・紅梅色・乙女色があります。


実は、正解は(1)なんです。
(2)はさくら色。 (5)が紅梅色(こうばいいろ)といいます。
梅 ⇒ 桃 ⇒ 桜
花の咲く順番からみて、だんだん日の光が強くなってくるとピンクの色が薄くなってきています。

(3)は珊瑚いろ  (4)はナデシコ色 (6)は 乙女いろ

乙女いろって、なんてロマンティックな名前なんでしょう!!
色名に言霊が宿っているのなら、持っているだけでステキな女性になれそうな、そんな色ですね。

桃の節句は女の子のお節句。
桃色を存分に味わって、乙女のチカラをチャージするのがよいかもしれないですね。

カラースクールT.A.A
藤田たかえ でした