T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

 電話番号 075-746-7775

  1. 天神さんの紅梅・白梅
 

天神さんの紅梅・白梅

2017/01/10
高校は、嵯峨野高校というところに通っていました。
校則も厳しくなくて、その頃はかなり「自由」を満喫できる学校でした。
夫とは、その高校時代からのお付き合い。
嵐山・嵯峨野といった辺りはデートコースでもあり、クラブ活動の場でもあり、まさしく青春の思い出の場所です。

北野天満宮は、嵐電に乗ればすぐに行ける格好の寄り道の場所でした。
毎月遊びに行くのが25日の「天神さん」。
参道には多くの店が出て、参拝客で賑わっていました。
天神さん、といえば梅。
大宰府に流された菅原道真が 
東風吹かば にほい起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ
と詠んだ歌は有名ですね。

この天神さんの近くには、白梅町だけでなく紅梅町もあるんです。
菅原道真をはじめ、平安時代の人々がこよなく愛した梅です。
白い梅には可憐さを、赤い梅には華やかさを、感じた気持ちをその花に託したのでしょうね。
源氏物語などにも、贈る手紙に花を添えるシーンが何度も出てきます。
  花の香は散りにし枝にとまらねど うつらむ袖に浅くしまめや 
     花の枝にいとど心をしむるかな 人のとがめむ香をばつつめど 

源氏物語といえば「梅が枝」の章では、香くらべの様子が書かれています。
入内が決まっている明石の姫君のために、熱心に香を調合する様子が生き生きと描かれていて、私の大好きな章です。
紫の上を始めとした女人たちの創った香もすばらしく、判者となった蛍兵部卿の宮を悩ませます。香を競う華やかな章に「梅」をテーマにした話を展開させた紫式部自身が、最も梅を愛していたのかもしれませんね。

虹色和香で、ご参加いただいた方に香を調合する体験をしていただく時、いつもこのシーンを思い出します。
色と香りで自分を表現する・・・時を越えて気持ちが共有できるような気がします。

天神さんの梅花祭は2月25日、菅原道真の命日です。
上七軒の芸妓さんたちの野点などもあり、辺りに漂う梅の香りにほっこりします。
今年は久しぶりに梅苑の梅を観に行こうかな?

たかえ