T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

・ 大津TAAサロン 大津市におの浜3-5-15

・ TAA@京都   京都市中京区橋弁慶町222

  1. GREENは不満の色
 

GREENは不満の色

2015/02/16

立春を過ぎたとはいえ、、まだまだ寒い日が続きます。

「春」と言ってイメージできる色はなんでしょう?

 

あたたかな光の色? 花の色? 

それとも芽吹いたばかりの草の芽の色?

日本には四季があって季節の移ろいを感じられる分、

同じ春でも早春と晩春では色のイメージも変わってきますね。

 

冬枯れの寒々とした景色に、少しの緑が加わるだけで

少しカラダをゆるめてもいいんだと思えたりします。

 

人がしてしんどくなった時「みどり」を求めたくなるというのは

自然の中に身を置きたい、とカラダが求めているのかもしれません。

 

もしもあなたが今「みどり」色がとても気になる色ならば

とてもお疲れなのかもしれません。

忙しすぎて大変なので自分のペースで動きたいと考えているのかもしれません。

 

そして、そんなにも忙しくしているのに

周りからなんの感謝もないことに不満を持っているのかもしれません。

 

みどりというのは、世界中にもっとも多い色。

そばにあって当たり前の色。

 

ふだんは目立たないことがありがたい色なんだけど

当たり前すぎて認められないことへの不満が

少しずつ積み重なっている・・・・・。

 

みどりが気になるという方、そんなことはないですか?

 

色にはたくさんのメッセージがあります。

これもそんな意味の一つです。

心当たりを考えてみてください。

 

色からのメッセージでした。