T.A.Aは、京都・滋賀を中心に「豊かな心を育てる色」をお伝えしているカラースクールです。
初めて色について学ぶ方から、色彩心理を用いた本格的なカウンセラーの養成まで、幅広い学びのご用意があります。

 ・ 大津TAAサロン      大津市におの浜3

   ・ TAA京都会場  京都市中京区橋弁慶町 

  1. 色育アドバイザー講座

色育アドバイザー講座

 色育アドバイザーとは

家庭で、地域で、学校で、人間力を高める「色の効果」をお伝えするのが色育アドバイザーの役割です。

子どもがいてもいなくても、誰かに育てられ、いつかは独り立ちし、そして今度は誰かを育てる立場になるのが人生のストーリーです。

「育てる」立場になったときのアイテムに、色の知識を加えませんか?

子供からお年寄りまで、日々、色に接しない日はないといっても過言ではありません。

例えばお子さまが、急に今までと全く違う色を選ぶようになったなら何故だろう?何かあったのかな?と思いませんか?

そんな無言の信号をキャッチできる目を持った人になるために、そして周りの困っている人にアドバイスしてあげられるようになるための講座です。

現在、開講は不定期です。日程についてはご相談ください。

              色育アドバイザー講座受講についてのご相談

 

色育アドバイザー養成講座について

色育(いろいく)とは

 色の持つ特性を使って人間力を育てるための一つの方法です。

私たちは身近に溢れる色から、様々な影響を受けています。

それを効果的に使うことで、集中力・想像力(創造力)・コミュニケーション力

養われます。

 

色育とは、色で人間力を高めよう、というものです。

 

色育で使う教材は 絵本「みてみて。」とカラーダイアリー このふたつです

 

色育では『みてみて。』という絵本を 教材にします。

子どもを膝に抱けるうちは抱いて重くて抱けなくなったら一緒に座って、親子で

30秒数えながらじっと絵を見る。

  • 見えたことをほめてあげる
  • 見えなくてもギュッと抱いていてあげる

たった30秒の経験の積み重ねが、子どもの潜在意識のなかに積み上げられていくのです。

そんな『じっとみて。』の経験は子どもたちに受け取ってほしいものです。

 

では、子どもたちからのメッセージはどうやって受け取るのでしょう?

 

ここでもう一つの教材である「カラーダイアリー」を使用します。

色を塗るという行為には 心のデトックス効果が期待できます。

子どもたちが塗るのに選んだ色は、その役目を果たしていると言えるのです。

 

心のバランスを取りながら、そこに投影させた自分の話を聞いてくれる人がいて、

自分を包んでもらえる感覚を味わえるカラーダイアリーの存在は「言葉のキャッチボール

の痕跡」をしっかりと残していくものになるでしょう。



 

 

色育(いろいく)の根底にあるのは父性愛と母性愛

 

子どもが育つためには母性愛も父性愛も必要です。

母性愛は母親だけにあるのではなく、父性愛が父親だけにあるのでは

ありません。

 

父性愛は「突き放して自立させる愛」と言われます。

 

少し難しいことにチャレンジしてクリアできたことで認めてもらえる。

この認めてもらえる ほめてもらえるという経験が次にチャレンジする

という意欲を育てるのです。

 

母性愛は「あなたがただそこにいるだけでいいという受容の愛」です。

何もできなくても受け止めてもらえるという安心感が自己肯定感につながり、心の安定した子どもに育てます。

 

 

 

家庭で、地域で、学校で広がりをみせています

 

 

色育講座は、一般社団法人 日本色育推進会に所属する会員(呼称:

色育アドバイザー)が全国で展開している体験型の講座です。

参加される方に合わせて、様々な講座内容のご用意があります。

たとえば、地域の学校の「家庭教育学級」などでお母さま方に体験

していただける90分の講座もありますし、ご家庭で、ご近所の小さ

なお子さまとママたちにお集まりいただいて体験していただける40

分〜60分のコースもあります。




                  受講を希望する方はこちらをクリック



色育(いろいく)をお伝えするのは、

一般社団法人 日本色育推進会認定の色育アドバイザーです



一般社団法人 日本色育推進会の講座

 

   

色育アドバイザー講座

   色育のための

色彩心理学・傾聴入門講座

 

受講資格

 カラーセラピスト資格をお持ちの方

 または 右記講座を受講いただいた方

   どなたでも学べます

 
 内 容

 ・色育の必要性  ・色育講座の進め方

 ・色育の絵本「みてみて。」の使い方

 ・ギュッとくんの「カラーカード」の使い方
 ・「カラーダイアリー」の使い方       他

 前半 6時間 後半 6時間

 応用的色彩心理学と

 分析的色彩心理学

 色の意味と傾聴

 

受講後

   一般社団法人 日本色育推進会認定の

 色育アドバイザーとして活動できます

   色育アドバイザー講座の受講資格が得られ 

 ます

 受講時間

受講料

    5時間×1日  24600円(税込み)

※テキスト・認定証・色育推進会年会費込み

※別途 教材費(約1350円)

   全12時間   60000円(別途消費税)

※テキスト・修了証込み

※色育推進会会員は10000円off


色育のための色彩心理学・傾聴入門講座について

 

色育のための・・・となっているのは、色彩心理というのはあらゆる学問と

つながっている、応用範囲の広い分野だからです。

本講座を色彩心理について学ぶ入り口ととらえていただいて、そこから先

の学びにつなげていただけるよう、やさしく楽しい内容になっています。

 

色育のメインキャラクター「ぎゅっとくん」をお供に、暮らしに活かせる

知識を身につけることができます。

そして、全12時間の講座修了後には「色育アドバイザーの資格認定講座」

を受講していただくこともできます。

色への興味を、色のお仕事につなげるための入り口がここにあります。

 

開講は不定期です。ご希望があればご相談ください。


色育アドバイザー講座を受講なさった方の声

 

 ★★★30代女性 

自分自身の子育てにだけでなく、周りのママ友にも伝えて一緒に楽しみたいです。

「宝の時代」という言葉が印象に残りました。

 ★★★30代女性 

まだ、自分の子どもはいないけれど、授かるのがとても楽しみになりました。子どもと共に、ワクワク・生き生きと毎日を過ごせると思います。

★★★50代女性 

子育てに悩む娘に何かアドバイスできればと思って受講しましたが、まず、自分が楽しむことが大事なのだとわかりました。一緒に毎日塗りぬりしようと思います。 

★★★40代女性 

楽しかったです!!地域のボランティアで子どもたちと接する機会が多いので、ぜひ取り入れたいです。

あと、ママ友仲間も受講してもらってチームでカタチになるものにしたいです。 

 ★★★30代女性 

漠然と考えていたことが、きちんと講座としてシステムになっていることに感動しました。

自分の伝えたいことを伝える方法として、積極的に取り入れていきたいです。

 ★★★40代女性 

自分の塗りかけの絵が、誰かの手で完成されるというところに惹かれました。言葉にならない大切なものが伝えられると思います。もっと早くに知りたかったけど、今からでも遅くないですね。



現在、色育アドバイザー講座は不定期で、要請があったときのみ開講しています。

                色育アドバイザー講座の受講を希望する方はこちら